世界に2つとない手作りの婚約指輪をプレゼント|一生の宝物

新郎

プロポーズと誓いの証

花嫁

結婚の約束を形に

結婚を約束した証として婚約指輪が男性から女性に贈られます。お互い出会った日から愛と信頼を育て生涯を共に歩みたいという気持ちが形になったものです。エンゲージリングとも言われていてその起源は2000年以上も前のヨーロッパにあります。日本には江戸時代に伝わりその後文化として一般に定着したのは1960年代になってからです。婚約指輪をつけるのは一般には左手の薬指のように思われています。しかし確かな決まりのようなものがあるわけではなくどの指につけてもよいのです。昔から薬指には心臓から特別な血管が通っていて「ハートとつながっている」という迷信があります。また左手には「服従・信頼」の意味があることから婚約指輪は左手の薬指にという習慣が定着しています。

タイミングをしっかり検討

女性に結婚を申し込むというのは男性にとっては人生の一大決心です。気持ちが固まり伝える言葉を考えると同時にどのタイミングで婚約指輪を渡そうかについても考えるでしょう。お付き合いしている中で彼女の好みや左手の薬指のサイズが分かっている場合はプロポーズと同時に贈ることが出来ます。サプライズで指輪のケースを開けて渡すのも素敵です。どうも女性の好みやジュエリーを選ぶのが苦手だという男性はプロポーズしてから二人で選びに行くこともあります。彼女の誕生日や二人にとっての記念日などに改めて渡すのもよいでしょう。結婚式までに行われる結納の際に贈るということもあります。主流はやはりダイアモンドが多く最近ではすべてオーダーメイドという人が増えています。大切なのはオーダーから仕上がりまで1〜3カ月くらいの期間を見ておくことです。しっかり検討して人生の大切な瞬間に備えましょう。